ルパンの娘【最終回結末】ネタバレ予測!ラストは結婚式で華が和馬を盗む?

こんにちは!

2019年7月からスタートで深田恭子さん主演のドラマ『ルパンの娘』が話題になっていますね。

泥棒の娘と警察官という普通に考えるとありえない組み合わせの二人の恋の行方が気になります☆

深田恭子さんが着こなす泥棒スーツ姿も必見です!

今日はドラマのラストシーンの予測や、原作小説のあらすじなどをネタバレしていきたいと思います^^

今後ドラマを見ていく上で、参考にしてみて下さい♪

ルパンの娘【最終回結末】ネタバレ予測!ドラマのラストは結婚式で華が和馬を盗む?

以下ネタバレ内容含みます!

『ルパンの娘』の原作小説では、華は泥棒一家であることに嫌気がさしているようなキャラクターです。

決して両親のように積極的に盗みをすることはなく、図書館司書として働いていて普通の職業人として振る舞っています。

子供の頃におじいちゃんにスリのやり方をみっちり教わっていて、華には素質があったので身体に技が染みついていて、気を抜くと無意識に泥棒していることはありました。

和馬が別の女性と結婚することになった時に新郎を盗み出した計画も弟が計画したもので、華はやれやれといった感じでその計画に乗っていましたがイマイチ消極的でした。

ドラマの内容が発表されてみると、華は泥棒スーツを着て盗みを披露するようなので小説の時とはちょっとイメージが違います!

アクションシーンなどもあるようなので、かなり積極的な華の泥棒姿が見られるのではないでしょうか?

ドラマのラストシーンでは、和馬とお見合い相手の結婚式で、華が直々に泥棒スーツを着て新郎の和馬を盗みに行く展開になるのでは?と予想しています☆

原作での地味で大人しい性格の華とは一味違う姿を見せてくれそうです!

スタイル抜群の深田恭子さんの泥棒スーツ姿は見逃せませんね^^

原作小説のネタバレ記事も書いています。

2019年7月スタートの木曜ドラマは深田恭子さんと瀬戸康史さん主演の『ルパンの娘』に決定しました。 このドラマは泥棒一家の娘と警察家族の息...

ルパンの娘【最終回結末】原作ネタバレ!

以下は『ルパンの娘』の原作小説のあらすじです。

付き合って約1年になる桜庭和馬と三雲華は、お互いの家族のことや詳しい職業などは教え合っていませんでした。

お付き合い自体は順調で結婚も考えていて、華が和馬の家に招かれました時に和馬の家族が全員警察だということを知りパニックになってしまいます。

それまで和馬は公務員、華は図書館勤務と話していましたが、本当は和馬は警察官(しかも家族全員、飼い犬まで元警察犬)で、華は泥棒一家の娘だったのです。

華の家族が泥棒をして生活をしていることはもちろん内緒です。

ある日、一つの事件が起こりました。

公園でホームレスの70代男性の亡骸が見つかり、前歴の記録や指紋から、その被害者は立嶋雅夫という人物と判明しました。

ところが華の弟の渉の話だと、この被害者はホームレスの立嶋ではなく華たちのおじいちゃんがすり替えられているのだと言います。

亡くなっていたのはおじいちゃんだと。

パソコンが得意な渉は、2か月位前におじいちゃんから頼まれごとをされました。

それは警視庁のデータベースに侵入して、立嶋雅夫の顔写真と指紋をおじいちゃんのデータと入れ替えて欲しいというものでした。

その訃報に三雲家は悲しみにくれました。

しかし三雲家は泥棒のため、その被害者がおじいちゃんだということを警察に言う訳にはいきませんでした。

和馬と華が指輪屋さんでデートしている時に華のお母さんと鉢合わせして、今度桜庭家と三雲家の両親も一緒にご飯を食べに行く運びになりました。

その食事会ではお互いの両親がそれぞれ華と和馬のことを気に入った様子で、親同士も気が合い大盛り上がりとなりました。

この結婚に親たちが乗り気になってしまい、入籍の日取りも決めてしまったほどです。

例の事件の捜査は難航していました。

華もおじいちゃんの事件の謎が気がかりで、自分なりのアプローチ方法で調べていました。

この事件を担当したのは偶然にも和馬と巻という刑事でした。

和馬は事件を捜査していくうちに、被害者がすり替えられていることに気が付き始め、華のおじいちゃんが本当の被害者だということにもたどり着きました。

そこから、華が伝説の泥棒一家L(ルパン)の一族の娘ということも知ってしまったのです。

和馬の華への気持ちは真剣なものでしたが、警察一家と泥棒一家ではつり合いがとれないので相当悩みました。

和馬の祖父和一は、重大な秘密を和馬に打ち明けました。

和一と伸枝(和馬の祖母)は大学時代から付き合っていて、華の祖父巌ともその頃から同じ大学で仲良くしていたそうです。

この3人は50年前からの旧知の仲だったのです!

3人がまだ大学生だった50年前のある夜、伸枝のことを巌が自宅まで送ることになったのですが、その時誰かに二人共暴行されて血を流した状態で発見されるという事件が起こってしまいました。

責任を感じた巌は、貿易会社から内定をもらっていたのにかかわらず就職はせずに泥棒をしながら生計を立て、ずっと暴行事件の犯人を追っていたのだと言います。

和馬は苦渋の決断でしたが、警察官として華の家族を摘発することを選びました。(ただ追い詰めるのではなく、ちゃんと逃げ道を用意してからの摘発です)

そして、和馬と華は破局し、華の家族もばらばらの道を進み警察から逃げていきました。

約1年後、親の勧めでお見合いをしたエミリというお相手との結婚が決まっていました。

事件の捜査の方は未だに解決には至っていませんでしたが、和馬は被害者の遺品のハンカチに刺繍されていたMというイニシャルにピンと来ていました。

そのハンカチは被害者の物ではなく、Mというイニシャルの犯人のものではないかと思っていたのです。

しかもそのMとは、今まで一緒にこの事件を捜査してきた巻刑事なのではないかと…。

華の兄の渉は和馬の結婚のことを知って華のことを気の毒に思い、散り散りになった三雲家を集合させ「結婚式当日に新郎の和馬を盗む」という壮大な計画を立てました!

和馬はその計画通りに拉致され別室に移動させられていた状況を利用し、結婚式に来ていた巻刑事を呼び出しました。

そして、巻刑事に事件当時のことを自白させてその自白の様子を式場に流して公開し暴露したのです。

伸枝達が大学生の時に暴行してきた犯人は巻の祖父でした。

近頃それをネタに近寄ってくる男(立嶋)がいて頭を悩ませていたので、孫の巻刑事に話をしてくるように頼みました。

立嶋雅夫の要求は被害者の伸枝に謝罪することでした。

初め巻は50万円で解決しようと思いましたが、立嶋にさらに100万円と謝罪を求められ揉み合いになってしまい、立嶋の命を奪うことになってしまったのです。

結婚式場でこれらの自白を公開したことで、事件は解決する運びとなりました。

しかし、和馬は結婚式を台無しにしたので家族から縁を切られてしまいました。

桜庭家の家族は華のことをとても気に入っていたので、和馬と華がその後一緒になれるようにという意味が込められた勘当でした。

その後和馬と華は再会し、結婚という形にはとらわれずに同棲することにしました。

和馬と華が一緒に生活するようになってから約3か月後、三雲家が再結成して住み始めたタワーマンションに2人で訪れました。

そこにはなんと亡くなったはずの祖父巌も現れてびっくりしました。

華のおじいちゃんは生きていました!

桜井和一と三雲巌は飲み屋でお酒を飲んでいる時、「孫同士を結婚させられないものか」と話し合っていました。

巌と和一の望みは、秘密にしているお互いの家族のことや伸枝の過去のことをすべて理解した上で、お互いの意思で結婚させることでした。

巌は立嶋が亡くなったことを知って、その亡骸を自分とすり替えたことにして利用しようと考えました。

巌が亡くなったと三雲一家に信じ込ませ、和馬もそう疑うように誘導することが和一と巌の計画でした。

後は、目論見通りに和馬と華の関係が進んでいくのを見守っていたそうです。

ただ、一つだけ祖父二人の予想外の出来事が起こりました。

華のお腹に新しい命が宿ったことです。

巌と和一は、予想してなかったこのサプライズに大喜びでした。

和馬も華の妊娠をその時初めて知って、一瞬警察と泥棒の間の子供はどういう人生を送るのかとの心配が頭に浮かびました。

しかしすぐに、桜庭家と三雲家という最高の家族に囲まれて幸せに育つだろうと思い直すのでした!

ドラマ【ルパンの娘】概要と見どころ紹介

以下はドラマ『ルパンの娘』の概要です。

『ルパンの娘』は、代々泥棒一家の娘と代々警察一家の息子との決して許されない恋愛を描くラブコメディー。泥棒一家“Lの一族”(Lは大泥棒・ルパンの頭文字)の娘で、家族の誰よりも盗みの才能を持つものの家業を継ぐことを拒み、普通に生きていくため図書館司書として働く主人公の三雲華(みくも・はな)を演じるのは、深田恭子さん。悪党しか狙わないことをモットーとしている“Lの一族”ですが、盗みの計画の先には、当然のごとく泥棒逮捕を仕事とする華の恋人・桜庭和馬(さくらば・かずま)がいつも関わっていて、彼は時に悪党たちに襲われるなど窮地に陥ってしまいます。主人公の華は、大好きな和馬を救うために葛藤しながらも、ついつい一家の泥棒の手助けをしてしまうという役どころとなります。

『ルパンの娘』は、代々泥棒一家の娘と代々警察一家の息子との決して許されない恋愛を描くラブコメディー。泥棒一家“Lの一族”(Lは大泥棒・ルパンの頭文字)の娘で、家族の誰よりも盗みの才能を持つものの家業を継ぐことを拒み、普通に生きていくため図書館司書として働く主人公の三雲華(みくも・はな)を演じるのは、深田恭子さん。悪党しか狙わないことをモットーとしている“Lの一族”ですが、盗みの計画の先には、当然のごとく泥棒逮捕を仕事とする華の恋人・桜庭和馬(さくらば・かずま)がいつも関わっていて、彼は時に悪党たちに襲われるなど窮地に陥ってしまいます。主人公の華は、大好きな和馬を救うために葛藤しながらも、ついつい一家の泥棒の手助けをしてしまうという役どころとなります。

引用:https://www.fujitv.co.jp/Lupin-no-musume/introduction/index.html

このドラマの見どころは、主人公の三雲華のメリハリのある昼の顔と夜の顔の二面性だと思います。

常に泥棒の顔を忘れずに盗みまくっている親たちに嫌気をさしながらも、華にも泥棒の血が流れていてつい盗みの才能を発揮してしまうという所に面白さがあります。

警察と泥棒という異例の組み合わせの夫婦がどのように誕生していくのか、現代版のロミオとジュリエットとして視聴者を楽しませてくれることは間違いありません^^