TWOWEEKS最終回結末ネタバレ予測!すみれは結城と有馬どちらを選ぶ?

2019年7月16日からスタートする新ドラマ『TWO WEEKS』

毎週火曜日夜9時から放送されます!

『TWO WEEKS』は韓国ドラマのリメイク版ということで注目されていて、主演の三浦春馬さんは初の父親役を演じます。

今日は原作ドラマのあらすじネタバレや、7月から始まる日本版ドラマの最終回結末を予測してまとめてみました☆

TWOWEEKS【最終回結末】原作ネタバレ!

まずは、原作の結末のあらすじを紹介します。

以下ネタバレ内容含みます!

テサン(三浦春馬)はこれといった目的もなく、クラブに通うなどしてふらふらと生きていました。

ある日、彼の前に8年前に別れた恋人イネ(比嘉愛未)が現れます。

イネは別れた時にできていたテサンとの子供を産んでいて、今その子が急性白血病を患っているのだといいます。

8歳になった娘スジン(稲垣来泉)のために、テサンにドナーに適合するかの血液検査を受けてほしいと言うのでした。

テサンは8年前にその子を産むことを反対して、そのまま二人は会うことなく時が過ぎていきました。

テサンはイネが子供を産んだことを初めて知って驚きましたが、検査を受けに行った病院で娘に出会い父性が芽生えました。

とても可愛い女の子で、何故かテサンをパパと呼ぶのでした。

スジンはママとパパの若い頃の写真を持っていたので、テサンの顔がわかったようです。

検査の結果、見事二人の骨髄が適合したことがわかり、テサンはすぐにでも娘を助けたいと言いましたが、準備などのスケジュールの関係で2週間後に手術することに決まりました。

イネには将来を約束したスンウ(三浦貴大)という恋人がいてスジンも懐いていたので、テサンとやり直したい気持ちは一切ありませんでした。

むしろ8年前に産むなと言われたことを恨んでいましたが、娘の病気を治すためにドナー検査を受けることを頼みに来たのでした。

悪徳集団のボスのイルソク(高嶋政伸)と正統派のイメージのチョ議員(黒木瞳)が麻薬の密輸を企んで密会している所を、イルソクの愛人ミスクが目撃してしまいました。

それを都合悪く思ったイルソクはミスクの命を奪い、その罪をテサンにきせました。

テサンは2週間後に大切な手術が控えているのに、無実の罪で警察に拘束されてしまいました。

可愛い娘のために何としても無実を証明して釈放してもらわなければなりません。

ある日イルソクが真の犯人だというニュースが流れました。

再審を受けることになりテサンは無罪判決、無実の罪を着せられた汚名を晴らすことができました。

無事に手術が行われましたが、テサンが手術室に入っている間に、スジンは「パパとしたいこと」をノートに書くのでした。

テサンの手術の後、スジンの番になり骨髄移植は無事成功に終わりました。

イネの今の恋人スンウは、複雑な気持ちを持ちながらも親子3人の様子を見守っていました。

スジンの退院の日も、親子3人でキャンプへ出掛けられるように笑って送り出すのでした。

スジンの望みを叶えるため、イネ・スジン・テサンの3人でキャンプに行き水入らずの大切な時間を過ごしました。

スジンが寝た後、イネはテサンのことを信じることができずに冷たい態度をとってきたことを謝りました。

それに対しテサンは、スジンのこれから成長して大人になっていく姿を見ていきたい、そんな父親になれるような人間になりたいんだと言いました。

でも8年前に自分のせいで別れることになったのだから、今までイネとスジンに良くしてくれたスンウとの関係を大事にして欲しいと伝えました。

テサンは「俺はたったの2週間だけ父親だった。今度はもっと立派な父親になってまた会いにくるよ。」と言って眠りにつきました。

次の日テサンが一人で帰ろうと歩いていると、後ろからスジンが「パパ」と呼びテサンは笑顔で振り返りました。

こちらは原作韓国版ドラマのDVDです!

スリル満点の逃走劇と突然芽生えた父性愛を楽しんでみて下さい☆

スジンがめちゃくちゃ可愛いです^^

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

TWO WEEKS DVD-BOX1+2のセット <シンプルBOX 5,000円シリーズ>
価格:8300円(税込、送料別) (2019/6/24時点)

楽天で購入

 

TWOWEEKS【最終回結末】ネタバレ予測!すみれは結城と有馬どちらを選ぶ?

原作ではイネ(青柳すみれ)は娘の父親であるテサン(結城大地)と、現在の恋人であるスンウ(有馬海忠)のどちらも選ぶことはしないで、ドラマは終わりました。

日本のドラマでは、韓国ドラマと違ったストーリーも織り交ぜられるのではないかと思います。

avatar

すみれは最後に、結城と有馬のどっちを選ぶのかしら

最終的にどっちの男性と一緒になるのか、結末が気になりますよね!

原作のドラマでは、どちらを選ぶところまではわからないような終わり方で、見ていてモヤモヤしてしまった視聴者もいたようです。

私は今回の日本のドラマでは、その辺りをはっきりさせてスッキリした最終回を期待しています^^

娘のはなも今の恋人・有馬に懐いていますし、彼がこの8年間すみれとはなを支えてくれたお陰で今があるので、あっさり結城の所に行くことはできないと思います。

ここからは完全に私の予想ですが、有馬はまた闇の世界のトラブルに巻き込まれて命を落としてしまうのではないでしょうか?

この2週間の有馬は、娘のドナーになるという生きる目的もはっきりしていてとても誠実な一面が見られました。

でも、これまでの生き方が荒れすぎていて、人間急には生活を変えられないと思うんです。

今回のように、闇の世界の悪事の責任をなすりつけられて命を狙われる可能性も十分に考えられます。

命を落とした詳細は闇に葬られて、表向きは突然事故に巻き込まれて亡くなったと処理されてしまいます。

そうなると、有馬はこれまで通りすみれとはなのことを支えていかなければなりません。

自然な形で有馬とはなは結婚して3人で助け合いながら生活していきそうです。

はなにとって結城は実の父親でありドナーになってくれた命の恩人として、ずっと綺麗な存在として心の中に生き続けるでしょう。

私はそんな結末を予想しましたが、みなさんはどうなると思いますか^^?

ドラマTWOWEEKS概要と見どころ紹介!

以下はドラマ『TWO WEEKS』の概要です。

一度は人生を捨てた男が初めて出会った8才の娘は、白血病を患っていた—。
ドナーとして再び生きる意味を見つけた男の前に、殺人の濡れ衣が立ちはだかる!

検察、警察、政治家、闇の組織…次々と明らかになる陰謀から逃れ、初めて父性に目覚めた男は、娘の命を救うことができるのか!?

三浦さん演じる主人公・結城大地は、殺人未遂の罪で服役した過去を持ち、現在は人生に希望を持たず、毎日をただ刹那的に過ごしている男。そんな彼の前に、かつて人生で唯一心の底から愛していながら「ある出来事」により一方的に別れを告げた女性が現れます。そして彼女から、結城との娘を産んでいたこと、そして、“はな”という名の8才になるその娘が白血病であることを告げられます。

突然明らかになった娘の存在に戸惑いながらも、病院で初めて出会ったはなを前に、父親としてのいとおしさを覚える結城。さらに、幸運にもドナーに適合したことで、結城は再び自分が生きる意味を見いだします。しかし、その矢先、結城は何者かにはめられ、殺人事件の犯人として逮捕されてしまうことに。このままでは2週間後に行われる骨髄移植手術を行えないと考えた結城は、はなの命を救うため、決死の逃亡に身を投じます…。

引用:https://www.ktv.jp/twoweeks/topics/01.html

このドラマは、2週間のタイムリミットの中で黒い世界のさまざまな陰謀から逃れるサスペンスの面と、初めて芽生えた父性愛で娘を助けるという心温まるストーリーの面を合わせ持った作品です!

逃亡劇でハラハラどきどきしたり、親子愛にジーンとしたり、いろんな気持ちを味合わせてくれるドラマなので2倍楽しめそうですね♪

三浦春馬さんの初めて演じる父親役の演技は必見です!