コロナで大相撲春場所が中止になる可能性は?チケット代は払い戻しされるの?

こんにちは!

季節は春に向かってきて日が長くなってきたのを感じますが、各地でコロナウイルスが猛威をふるっていますね。

日本各地でも感染者が日に日に増えていて、続々とイベントが中止になったり、テーマパークが閉園になったりしています。

こうなってくると、3月8日~3月22日に大阪で行われる大相撲三月場所も大丈夫なのか心配になってきます。

そこで今日は、

大相撲春場所が中止になる可能性はあるのか?

もし中止になったらチケット代は払い戻しになるのか?

などについて調査・考察してみたいと思います。

コロナウィルスで大相撲三月場所が中止になる可能性は?

大相撲春場所が中止になる可能性について考えてみたいと思います。

公式ホームページには以下のような文章が載っていました。

現時点で大相撲三月場所は予定通り開催に向けて準備を進めております。
新型コロナウイルス感染拡大予防の趣旨をご理解いただき、
下記ご協力のほどお願いいたします。

1、うがい、手洗いの励行をお願いいたします。
2、咳・くしゃみをする際に、マスクやティッシュ・ハンカチ、袖を使って、口や鼻をおさえる「咳エチケット」にご協力ください。
3、体調の優れない方(37.5度以上の熱が続いている方や咳を繰り返ししている方や、基礎疾患のある方)は無理をなさらず、来場をお控えくださいますようお願いいたします。
4、発熱や体調が優れないお客様は、ご入場をお断りさせて頂く場合があります。
5、入場入口にて体温測定をさせて頂く場合があります。
6、会場内に消毒液を設置いたしますので、ご利用ください。
7、感染予防・拡散防止を考慮し、一部スタッフはマスク着用でのご案内をさせて頂きます。
8、会場内では通行規制等の場合があります。係員の指示に従ってください。
9、今後の状況により、上記内容を変更する場合があります。予めご了承下さい。

 ご来場の皆様のご理解、ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

引用:公式ホームページ

2/25現在では予定通り開催準備中としています。

中止の可能性は低いとも言われています。

しかし、コロナウイルスの感染拡大の影響で、マラソン大会やイベントが中止になったり、サンリオピューロランドが臨時の閉園になっています。

そしてテレビ番組の『笑点』の公開収録中止のニュースも飛び込んできました。

この流れから考えると、大相撲春場所の中止や無観客試合の可能性も十分考えられるのではないでしょうか。

大相撲の観戦は室内ですし観客同士の距離感も近いですので、感染が心配です。

赤ちゃん抱っこ撮影会は中止!

2月25日にファンサービス企画として予定されていた、「赤ちゃん抱っこ撮影会」は新型コロナウイルスの感染拡大への対策で中止されました。

本来は力士が赤ちゃんを抱っこして写真撮影をするものですが、一度は力士ではなく保護者が抱っこして撮影する予定に変更しましたが、再度検討して企画自体が中止になったものです。

2月25日に政府が新型コロナウィルスの対策基本方針を決定

25日に政府が新型コロナウィルス対策の基本方針を決定しました。

その中で、イベントの全国一律の自粛要請はしていないが、感染の拡大などを踏まえて開催の必要性を再度検討することを盛り込んでいます。

ここ1~2週間が正念場で「瀬戸際」と言われているので、今後の状況を注意深く観察する必要がありそうですね。

もし大相撲春場所が中止になったらチケット代は返金されるのか?

今のところ開催予定ですが、今後の状況次第でもし中止になってしまった場合、チケット代は払い戻しされるのでしょうか?

過去に中止になった時はどういう対応だったか見てみましょう。

先日中止になった「赤ちゃん抱っこ」の場合

「赤ちゃん抱っこ」が中止になったことにより、大相撲の観戦も希望しない場合は払い戻しの予定。払い戻しの期間や詳細は改めての案内としています。

2011年の中止の時の場合

2011年に不祥事があって大相撲が中止になったことがありましたが、この時もチケット代は払い戻しされています。

過去の中止と今回では状況が違うので、あくまで予測ですが、もし今回中止となった場合はチケット代返金になる可能性があるんじゃないかと考えます。

もし中止になった時は公式の発表が出るのを待ちましょう。

まとめ

今日はコロナウィルスで大相撲春場所が中止になる可能性と、もし中止の時はチケット代は戻るのかを予測検討してみました。

その頃までにウイルスが終息してくれて、大相撲も予定通り開催されるのが一番ですが、ニュースなどをこまめにチェックしながら行動することが必要になりそうです。

今後また新しい情報があれば追記していきたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする