トクサツガガガ最終回結末ネタバレ予測!叶はダミアンや母と仲直りできる?

こんにちは!

今日はNHKドラマ10トクサツガガガの原作あらすじや最終回結末予測などをお伝えしていきます☆

1月18日(金)10時スタートで全7回のドラマです。

このドラマの原作は丹羽庭さんの漫画「トクサツガガガ」 です。

現在14巻まで出ていて、まだ完結していません

ドラマの主演は人気急上昇中の小芝風花さん、主人公の同僚役に倉科カナさんと木南晴夏さん、特撮仲間の子役に寺田心くんも登場します。楽しみですね♪

トクサツガガガ【最終回結末】ネタバレ予測!原作あらすじ紹介

以下原作ネタバレ含みます。ご注意ください。

それでは原作漫画のあらすじを簡単にご紹介していきます。

いつも小綺麗な服装をしていて同僚からも人気のある仲村叶は、実は幼い頃から特撮が大好きな隠れオタクだった

でも、そのことは周りには絶対に秘密。

家に帰るとその特撮の世界にどっぷりと浸かる生活をしていた。

日常生活の中でも、すぐに特撮ヒーローが登場して自分を助けてくれる妄想をしてしまうのだ。

次第に特撮オタクの友達も数人でき、友情を深めていた

叶には年の離れた小学校3年生の特撮仲間ダミアン(田宮拓)がいた。

ダミアンは叶の同僚の吉田さんに想いを寄せていた。

叶はダミアンの気持ちを知っていたのに、ある日そのことを忘れて吉田さんの彼氏のことをダミアンに漏らしてしまった。

その一件以来ダミアンは何を言っても「モウイイ、モウカマワナイデ」ばかり言う「怪獣モウイーワ」になってしまって、話が通じなくなってしまった。

叶はすっかり信頼を無くしてしまったが、なんとか仲直りしようと奔走する。

幼稚園児のちーちゃんからは、お友達と喧嘩した時やっと書けた字で「ごめんね」書いてそのお友達が好きなウサギさんの形に折ったお手紙を渡したら許してもらえたとアドバイスをもらった。

叶はダミアンがワクワクしそうなゲームブックを手作りして、そこに手紙と遊園地のチケットを忍ばせた。

内容は、「隊員としてあるまじき行為をしたことを謝罪させて下さい。チームダミアンはまだ活動を続けていて、吉田さんも隊員となり新しい隊員も加わる予定です。もしも秘密のミッションに参加してくれるなら、5月にこのチケットを使って集合しましょう」と書いていた。

ダミアンはこの手紙を読んでくれていましたが、5月に集合場所に来てくれるのでしょうか。

今は1月、それはまだ先の話ー。

叶は美少女アニメオタクの任侠さんと、自分達特撮オタクやアニメオタクは中身が子供のままだから子供向けのものを見ているのではないか??と怖くなっていた。

今度小学生になるホラー好きのカナちゃんは最近「」や「」という難しい感じを覚えた。

そしたらも書けるようになっていた。

任侠さんのお母さんは、「カナちゃんの漢字と同じで、5歳の時には30歳のことはわからないけど、30歳になったら5歳のことも15歳のことも20歳のこともわかるようになっているだけじゃない?」と言ってくれた。

叶は「そうか、私達は合体ロボのように自分を重ねて重ねて大きくなる。皆根っこは子供なんじゃないのかな?それならこのままでもいっか。」と思えたのだった。

叶は幼い頃から特撮好きだったが、母親は女の子らしいものを好み特撮は嫌いだった

実家暮らしをしていた時はお母さんの言うことを聞き特撮好きを抑圧していたが、一人暮らしをするようになり、叶は特撮オタクに帰り咲いたという経過がある。

年末にお母さんが叶の部屋に来て勝手に入られてしまった。

部屋にあった特オタグッツが見つかり、叶の特撮オタクがばれてしまったのだ。

二人はそれが原因で大ゲンカになって、ケンカ別れになっていた

年が明けて同僚の北代さんに実家にはいつ帰るのか聞かれたが、迷って決められずにいた。

北代さんにうじうじ迷ってないで2月の連休に決めろ!と言われ、2月の連休に帰ってお母さんに会うことが決まった

いつもの3人で夜ごはんと食べに行った時に、北代さんと吉田さんも予定が合うから叶と一緒に帰ると言い出した。

北代さんのいつもの旅行相手のミヤビさんも一緒に4人で行こうとの提案だ。

叶は母親と会うのが目的だし楽しい旅行に水を差しては悪いし、会う時は母親と二人だから一人で帰ると断った。

だが、吉田さんは自分と北代さんのことはグリーンマンだと思ってほしいと言った。

グリーンマンとは、合成の際消えるようにグリーンのスーツを着て役者を支えたりする見えざる表舞台の人のこと。

つまり実際の戦いにはいないけど、いるつもりで戦ってきてほしいということだった。

北代さんも前の会社でいろいろあって落ち込んでいた時に、弟が来てくれて一緒にご飯を食べてくれただけで十分助かった話をしてくれた。

叶は、「そっか、二人は暗い顔をしていた私を想って一緒について来てくれんだ。

今までもそこにはいないもの(特撮ヒーロー)に、ずっと助けてもらっていたんじゃないか。」と納得した。

納得したのもつかの間、吉田さんは一人で旅行したことがないので乗り継ぎなど仲間がいると心強いと言い出し、北代さんも4人旅行となるとお得に上のランクの宿を抑えることができると張り切りだした。

グリーンマンは持ちつ持たれつだそうです(笑)。

仲間を連れた叶は、いよいよ母親のもとに闘いに帰るのだった・・・

ドラマ【トクサツガガガ】最終回結末予測!

この原作漫画はまだ完結しておらず、これから叶が仲間を連れて実家へ帰るところまでで終わっています

原作がまだ途中なので、ドラマの最終回はオリジナルストーリーが入ってくると予想します

ただ、ドラマ10は7話までで終わってしまうので原作と同じように、母親との闘いはこれから・・・という形で終わってしまう可能性もありますね。

また、ダミアンとのケンカの結末も気になるところです。

個人的にはどちらもうやむやのままではすっきりしないので、母親との確執かダミアンとのケンカのどちらかは解決して欲しいと思います^^

こちらは原作漫画です↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

トクサツガガガ 全巻セット (1-14巻 最新刊)
価格:8386円(税込、送料無料) (2019/1/14時点)

楽天で購入

 

ドラマ【トクサツガガガ】あらすじ紹介と感想

以下第1話のあらすじです。

24歳のOL仲村叶(小芝風花)は隠れ特撮オタクである。幼少から、母(松下由樹)にその趣味を拒絶され、ずっと隠してきた。会社では小野田(本田剛文)やチャラ彦(森永悠希)ら同僚にオタばれしないように、気を使っている。そんなある日、同じ特撮好きの小学生(寺田心)と仲良くなる。また、通勤途中に特撮のマスコットをかばんにぶら下げた、年上の女性(倉科カナ)を見かけて、知り合いになる方法を探し始める。

引用:公式ホームページ

第1話の放送今から楽しみです!

叶の職場での女子力の高い姿と、特撮の世界に入っている時のオタクの顔のギャップに注目ですね☆

1話を見た感想

1話目を見て、特撮シーンのクオリティの高さに驚きました!

主人公の仲村叶はトクサツオタクなことがばれないようにビクビクしていましたが、トクサツ好きな人を見つけることができて良かったです。

2話を見た感想

今回はお母ちゃんが叶に会いに上京する回でした。

お母ちゃんに自分の好みを押し付けられていましたね。その押し付けが強くて、叶がかわいそうになりました。

でも、トクサツ好きな吉田さんという女性と意気投合できたのは叶にとって大きな出来事となりました。

3話を見た感想

特撮ヒーロージュウショウワンに追加戦士セロトルが加わりました。

叶と吉田の特撮オタク仲間にも追加戦士を加えようと奔走しましたが、一筋縄ではいきませんでした。

ヒーロー番組でも追加戦士は最初敵であることが多いので、まだ諦めるのは早そうです^^