グッドワイフ【最終回結末】ネタバレ予測!蓮見杏子は子供達を守れるのか?

こんにちは。

日曜夜9時のドラマ『グッドワイフ』が面白いと評判ですね!

このドラマでは主演の常盤貴子さんが19年振りに日曜劇場枠で主演することで注目されています。

2000年に放送された『Beautiful Life~ふたりでいた日々~』以来久々の主演です。

今日はこのドラマのあらすじ、感想や、結末予測などをお伝えしていきます!

グッドワイフ【最終回結末】ネタバレ予測!蓮見杏子は子供達を守れるのか?

常盤貴子演じる蓮見杏子は出産を機に弁護士を辞めて、エリート検事の夫を支えてきた専業主婦として子育てをし、家庭を守っていました。

ところが、夫が汚職の容疑で逮捕され、しかも女性スキャンダルまで明らかになります。

そんな中杏子は子供や家庭を守るため、16年振りに弁護士に復職する決心をしました。

杏子と夫壮一郎の間には高校1年生の息子と中学1年生の娘がいます。

子供達は両親が大好きで、父親の逮捕に深く傷ついているものの、働き始めた母親を明るい笑顔で支えています。

杏子が初出勤から家に帰った時には、子供達の手作りケーキとクラッカーで杏子を驚かせ、初出勤を労ってくれました。

本当は傷付いているはずなのに、母親の前で明るく振る舞う二人の姿を見ていると、きっと無理をしているんだろうな~とちょっと心配になってしまいます。

杏子は二人の子供達を守ることができるのでしょうか?

16年振りに弁護士に復帰した杏子は、戸惑うことはありますが立派に裁判を担当していると思います。

夫のスキャンダルに加えて大変な仕事でクタクタになりながらも、一番大切な子供達を思いやり、いくつもの壁を乗り越えていってくれると期待しています。

また、子供達もとても優しくていい子達なので、杏子のことを支え続けてくれることでしょう!

こんな記事も書いてます。良かったらご覧下さい^^

グッドワイフ2話放送されましたね! 16年ぶりに弁護士に復帰した蓮見杏子。 今日も裁判を担当し、家では子育てを頑張っています。 ここで...

グッドワイフネタバレ予測!常盤貴子の変わらない美貌が話題!

主演の常盤貴子さんの美貌が変わらない!と称賛されています^^

Twitterの声を見てみましょう。

久々の常盤貴子主演。 46才と言う年齢を感じさせない美しさにビックリ

グッドワイフを観た。常盤貴子がとても46歳にみえない。かわいい

久しぶりに見たけど可愛いね Beautiful Life もよかったね〜

グッドワイフ面白い!常盤貴子キレイ!足細!オシャレ!!

なにより常盤貴子が今も美しすぎる。自分より年上なのに…。しかもスーツ姿。最強かも。

引用:Twitter

実年齢よりずっと若く見える!

キレイ、かわいい、美しすぎると称賛の嵐でした。

本当にとても46歳には見えない美貌ですよね☆

グッドワイフ1話あらすじ紹介と感想

以下は1話のあらすじです。

蓮見杏子 (常盤貴子) は、かつて優秀な若手弁護士として活躍していたが、出産を機に引退。
専業主婦として、2人の子供と夫である東京地方検察庁・特捜部長の壮一郎 (唐沢寿明) と共に、幸せな日々を送っていた。

だが、その幸せな生活は一瞬にして崩れたのだった。壮一郎の汚職疑惑、さらに女性スキャンダルまで発覚。
法曹界を揺るがす大スキャンダルにマスコミ報道は過熱していく。記者会見で壮一郎は、汚職は否定したが、女性との関係については認めて謝罪する。しかし、壮一郎は逮捕されてしまうのだった。杏子は夫の裏切りに深いショックを受けるが、家族のために16年振りの弁護士復帰を決意する。
そんな杏子に手を差し延べたのが神山多田法律事務所の代表・多田征大 (小泉孝太郎) だった。二人は司法修習生時代の同期で、かつて多田は杏子に好意を持っていたが、その気持ちとは別に杏子の弁護士としての能力を高く評価し、杏子の採用を反対する事務所の共同経営者・神山佳恵 (賀来千香子) を何とか説き伏せた。ただ、それはあくまでも仮採用。杏子は、半年後までにたった一席の本採用を賭けて、若手弁護士の朝飛光太郎 (北村匠海) と競うことになる。

そんな中、最初の相手となるのは人気キャスター 日下部 (武田鉄矢)。インターネットで配信している日下部の番組で、スーパーでの幼女行方不明事件を取り上げた際、犯人は母親の可能性が高いと放送。世論の風評に追い詰められた母親は自殺してしまい、日下部を名誉毀損で訴えるべく父親が依頼にきたのだ。多田と共にこの事件を担当することになった杏子は、“表現の自由” を巡り、争うことになる。パラリーガルの円香みちる (水原希子) とともに、日下部が裏取りをせずに発言したという証拠を調べ始めるのだが

一方、新たに特捜部長に就任した脇坂 (吉田鋼太郎) は、壮一郎と腹心の関係だった検事の佐々木 (滝藤賢一) を担当に指名し、壮一郎を落とそうとする。そんな検察側に対して壮一郎もある策を講じていた。

引用:https://www.tbs.co.jp/the_good_wife2019/story/story01.html

夫の逮捕とスキャンダルで落ちるところまで落ちた杏子でしたが、一大決心で弁護士に復帰して、周りの奇異な視線にも負けずに邁進する姿に勇気づけられた人も多かったんじゃないでしょうか。

家庭や子供達を守るために頑張る母親杏子を今後も応援していきたいと思います(^^♪