グッドワイフ6話【ネタバレ感想】は多田が杏子に告白!おっさんずラブと話題?

グッドワイフの6話が放送されました!

今までも面白いストーリーでしたが、今回の展開でさらに面白くなってきました☆

田が杏子に電話で告白しましたが、それを聞いていたのはなんと杏子の夫の壮一郎でした!

その時SNSでかなり盛り上がっていたので、みなさんの反応などをお伝えしていきます☆

グッドワイフ6話【ネタバレ感想】は多田が杏子に告白!おっさんずラブと話題?

以下はラストで多田先生が電話で杏子に告白したものの、電話を聞いていたのは夫の壮一郎だった場面が放送された時の、SNSでの声です

多田センセーーーーーー!!! 相手がァァァァーーーーー!!!!!

旦那に告白してるよ、多田さん…。

アーーーーー!!!!!! なぜそんな大事なことを留守電にーーーーー!!!!!!!!ッアーーーーーー!!!!!!!!!!!!

え、あんたは何で妻の携帯に出てんの?

【悲報】小泉孝太郎が唐沢寿明に告白

おっさんずラブ(笑)

引用:Twitter

電話した時に杏子は仕事中のため出れなくて、留守番電話に切り替わった時に多田先生が告白を始めました。

でもその留守電を聞いていたのは夫の壮一郎で、なんと録音までしていました!!

壮一郎がこの録音をどんなことに使おうと思っているのか。。。

多田先生ピンチですΣ(゚д゚lll)

多田が壮一郎に告白している構図になって、おっさんずラブみたいになってましたね(笑)

多田先生は学生時代から杏子のことを好きだったのに、杏子は優秀で主席だったので自分じゃなくても幸せを掴むと思い告白はしなかったそうですね。

長年の想いをやっと伝えるチャンスが訪れたのですから、直接告白したら良かったのにー!と思いました。

グッドワイフ6話【ネタバレ感想】は夫の弁護をする杏子がかっこいい!

壮一郎の浮気相手の女性がインタビューで、壮一郎の関係は一度だけなんかじゃないと話したことから騒ぎとなり、マスコミが自宅に押し寄せ娘が記者たちに囲まれてしまいました。

壮一郎はこれ以上マスコミが来ないように記者会見を開くから林弁護士(博多花丸)にも同席して欲しいと頼みました。

しかし、今までも振り回されてきて我慢できなくなった林弁護士は壮一郎の顧問弁護士を降りてしまいました。

そこで壮一郎の弁護を買って出たのが妻の杏子でした!

自分も好奇心の目で見られるのに仕事は仕事と割り切って、記者たちの前で堂々と壮一郎を弁護する姿はかっこよかったですね!

1話の時はちょっと頼りない感じでかわいいイメージでしたが、今回会見に向かう時の杏子はキリリとして初めの頃から見ると想像できない姿でしたね☆

前回の5話では壮一郎のライバル脇坂が蓮見家を盗聴していて話題になりました。

こちらの記事もご覧ください☆

グッドワイフ5話が放送されました。 今回は資産20億のロックスターの財産を妻と愛人で争うお話しでした! 5話の放送で東京地検特捜部で蓮見...

グッドワイフ5話あらすじと見どころ

以下は6話のあらすじです。

多田(小泉幸太郎)が賠償金15億円を見込める健康被害に対する集団訴訟の代理人をすることになる。多田が3年かけて無料相談にのり、満を持して臨む案件だった。
杏子(常盤貴子)と共に正式契約を結びに行く日、そこにはもう一人の弁護士が呼ばれていた。車椅子に乗った弁護士・三栗谷剛(春風亭昇太)だ。人づてに聞きつけて、首を突っ込んできたのだ。病気により車椅子生活を送っている立場を巧みに利用して「みなさんの気持ちがわかる」と被害者たちに取り入っていく一方で、次々と用意周到な手を打ち、杏子と多田のペースは乱されていく。結局、どちらが代理人になるかは、被害者たちの多数決で決まることに。しかし、訴える相手企業と三栗谷が繋がっている可能性が浮上する…。

一方、ついに保釈され、帰宅が決まった壮一郎(唐沢寿明)。佐々木(滝藤賢一)と共に、南原(三遊亭円楽)を決定的に追い込める証拠を探していた。そんな中、南原と脇坂(吉田鋼太郎)が接触するところを目撃。南原に自ら接触をはかる―

引用:https://www.tbs.co.jp/the_good_wife2019/story/story06.html

6話の見どころは、春風亭昇太さん演じる三栗谷弁護士のずる賢さですね!

かなり手強い相手なので最後の最後まで気が抜けません。

多田先生の気持ちがちゃんと杏子に届くのかも気になりますし。次回7話も見逃せません☆