僕の初恋をキミに捧ぐ6話ネタバレ感想は突然倒れた昴様が脳死!逞に移植?

こんばんは。

僕の初恋をキミに捧ぐ6話が放送されました!

逞の病状が悪化してきて切なくなってきましたね。。。

今回の放送で昴サマが急に倒れてしまいました!

前回放送の交通事故の時の頭部外傷で脳出血してしまったのです(>_<)

今日はその時のSNS上のみなさんの反応などをネタバレ感想していきます。

僕の初恋をキミに捧ぐ6話【ネタバレ感想】は突然倒れた昴様が脳死!逞に移植?

以下はTwitterの反応です。

突然倒れる昂様。誰か早く救急車呼べよ。

昴さまあああああだから言わんこっちゃない 悲しい

まさか。。。 脳死。??

やはり昴様の運命は、、、そうなのか、、

まさか、昴先輩の心臓を逞くんに?! なわけないよね(>_<)

引用:Twitter

交通事故の後、昴様は病院で検査を受けずに帰ってきていました。

その時は普段通り元気に見えましたが、最近いい感じだった五十嵐優実とデートの約束を電話で話している途中に突然倒れてしまいました。

手には渡そうと思っていたプレゼントを持っていました。

その時の後遺症が時間が経ってから出てしまったのでしょうね。

あの時ちゃんと検査を受けていたら。。。と考えてしまいます。

僕の初恋をキミに捧ぐ【最終回結末】原作ネタバレ予測!逞と繭の恋の行方は?

このドラマの原作は漫画です。

漫画の最終巻のあらすじからドラマの最終回の結末を予測した記事も書いています。

こちらの記事も是非ご覧ください☆

こんにちは! 大ヒット漫画「僕の初恋をキミに捧ぐ」がついにドラマ化しますね!累計800万部もの人気を集めた作品なので期待も高まりますね(^...

僕の初恋をキミに捧ぐ6話あらすじと見どころ紹介

以下は6話のあらすじです。

ある夜、小さな棚を運んだ逞(野村周平)は、その程度の行動で息苦しくなってしまった自分にがく然とする。穣(生瀬勝久)から「前は普通にできたことをやろうとすると、息が苦しいということがあるかもしれない。そのときは極力安静に」と注意を受けたことを思い出す。逞が、体調に異変を感じている中、繭(桜井日奈子)からは「助けて」と連絡が…!

 優実(松井愛莉)と一緒にいた繭は、男に後をつけられて困っていたのだ。息苦しさを堪えて出かけようとする逞の姿を見た母・えみ(石田ひかり)は、強引に同行することに。一方の繭と優実の元には、昂(宮沢氷魚)が駆けつけ、助けてくれる。
 繭の無事を知った逞だったが、えみは繭の元へ向かい「逞になにかあったらどう責任取るの!?」と、怒りをぶちまける。

 数日後、病院を訪れた逞は、穣に棚を運んだだけで息苦しくなったことを相談する。それを聞いた穣は、予想外に病状が進行しているかもしれないので、休学して本格的に入院した方がいいと告げる。

 現状を受け止め、冷静に入院を決意する逞。そんな逞と彼を支えようとする繭を見守る逞の父・寛貴(児嶋一哉)は、二人を入院前最後のデートに送り出す。
 お守りを買うため、江ノ島へ向かった逞と繭は、つかの間の楽しい時間を過ごす。今が永遠に続けばいいのにと願いながら…。

https://www.tv-asahi.co.jp/bokukimi/story/0006/

6話の見どころは、病気が悪化して入院してしまった逞と、突然倒れて脳死状態になってしまった昴様です。

昴様のお父さんは逞と同じ病気だったということもあり、ドナーカードを書いていました。

昴様から逞に移植手術をする可能性も出てきたのです。

そしてなんと次回7話が最終回になってしまいます。

最終回はどんな結末になるのか、絶対に見逃せませんね☆